イメディスについて

株式会社イメディスジャパンについて

株式会社イメディスジャパンは国内唯一の本国から認められた正規代理店になります。

イメディスジャパンが正規代理店して本国イメディスの公式HPに掲載されています。

※上記画像は本国イメディスHPより抜粋

弊社を介してイメディスを用いメディカル検査をおこなうクリニックは弊社提携IMCクリニックと富永医院となります。

IMCクリニック

またイメディス機器を用いたペット用メディカル検査は弊社提携動物病院「IMCベテリナリー」のみとなります。

IMCベテリナリー

メディカル検査とノンメディカル検査~医療行為~

イメディス機器を用いて日々皆様の健康管理のサポートをするサロンが見受けられますが、メディカル検査、つまり医療行為が行えるのは弊社提携先のみとなりますのでその他の場所でのイメディスを使用した検査に関しては弊社およびクリニックでは保証できません。また医療法、薬事法の扱いについても判断しかねます。

ペット用診断も同じ

ワンちゃんネコちゃん用のイメディス検査も同様です。
犬猫の診察も医療行為ですから、獣医師が診察をいたします。
イメディスアニマルでは6つの検査コースをご用意しています。
飼い主様のご希望に沿ったイメディス検査をご利用ください。

イメディスアニマルHP

7万項目が全部わかる??

イメディスでは約7万の検査項目があり様々な病気の原因追及が短時間で行えると色々なところで謳っておりますが、7万項目が網羅できるわけではなく、お客様の疾患や疾病、精神的な悩みなどから、7万項目で最適な項目を医師や技師が過去の症例や臨床データを元に検査をおこないます。
イメディス機器の中でもお客様にとって何が最適解か判断するデータや技術は株式会社イメディスジャパンと提携クリニックのノウハウになり、
イメディス機器を扱える人が複数人いたとしても、検査方法や検査結果は
変わっていきますので、十分ご注意ください。

また7万項目の中には、チャクラやバッチフラワー、カラーセラピー、オーラ診断などのセラピー項目、弊社でもいまだに理解のできない古代文字やルーン文字で記載された項目もあり、日々アップデートと研究が必要でもあります。

機器内のソフトウェアアップデートもあり、昨今で言えば新型コロナウイルスの検査項目でオミクロン株の項目が追加されるなど、本国との連携を取りながら日本国内における流行病にもクリニックでは対応しています。

人獣共通は約7万、犬猫はそれぞれ約500種類

ペット用イメディス検査「わんにゃんドック」は犬猫用検査項目より
検査を行いますが、ストレスチェックや人獣共通の感染症のチェックも
おこないます。

シャーリック(レメディ)について

こちらも同様に長年の診察や臨床データ、本国との情報交換から独自の周波数を転写して製造しています。例えば胃の調子が悪いと言ってイメディス検査をしても、何万通りの検査項目があり、何が原因で胃の調子が悪いのか、他の臓器からの影響があるのか?原因となる細菌やウイルスと各臓器との関連性はあるか?等様々な因果関係をもとにオリジナルの周波数をいくつか転写しています。つまりシャーリックについても同様で、長年の診察や臨床データによって最適な周波数を転写しており、イメディス機器を使用できるだけではよりよいシャーリック(レメディ)は作れません。
また弊社およびクリニックで処方するシャーリックの周波数は一般に公開しておりませんので他社では作成ができないオリジナルの商品になります。

ペット用シャーリックとの違い

ペット用シャーリックは直接くちに入れてあげるか、水に溶かして飲ませることがもっとも効果的と言われています。

シャーリックの扱い方をHPにて記載していますので
参考いただけますと幸いです。

ペット用シャーリックの与え方